信頼される税理士になるために仕事内容や税理士になるための方法を案合します。

税務に関する専門家な税理士はやりがいもあり、頼られる存在です!

税理士になるための試験。大阪

資格試験と言えば1科目である事が多い様ですが、税理士に関しては11科目もの科目があります。これらすべてに合格しないと資格を得る事ができないのか、と言えばそうではありません。この中から5科目に合格すればいいのです。

更に、一度の試験で11科目すべてを受験し、その中から同時に5科目合格しないといけないという分けでもありません。一年に1科目ずつ合格するという事も可能で、長い年数をかけて、最終的に5科目に合格すれば税理士として認められます。ですので、勉強はしやすいでしょう。

しかし、それぞれの科目が非常に難しいので、相当勉強しないと合格できない事もあります。確実に税理士になるには集中して取り組みたいですね。

税理士試験

税理士試験は比較的取得しやすい資格と言われています。それは11科目ある中で必須科目の簿記論と財務諸表論の他、9科目の中からあと3科目に合格すればよく、また一度に5科目合格する必要がなく、1つ1つ合格していけばよいからです。

しかも税理士試験の必須科目である簿記論と財務諸表論は大学院にて修士号や博士号を取得し、その論文を国税審議会に提出すれば審査の結果免除とすることができます。

また他の税法についても修士・博士の学位論文を提出すると同様となります。 ただしこれは平成14年4月以降のことで、税理士法改正後のことです。

その前に大学院を卒業した場合は商学の修士・博士があれば会計学が、法律学、財政学の修士・博士をもっていればそれぞれの税法が免除されます。

税理士の関連記事