信頼される税理士になるために仕事内容や税理士になるための方法を案合します。

税務に関する専門家な税理士はやりがいもあり、頼られる存在です!

ぜひ備えたい相続税税務調査

何もしないままで相続税税務調査の当日を迎えるというのは安心できないと考える人が多いみたいですね。確かに、相続税税務調査が入った場合には追徴課税が発生してしまう人が多いみたいです。

ですので、何もしないままで突然相続税税務調査が来たら、その時に何とかしようと考えるのではなくて、ぜひ前から相続税税務調査に備えておく様にしたいですね。

相続税税務調査に備えると言っても具体的に何をどう備えたらいいのかという事についてですが、専門家に頼んで納税を正確に行うという事や、当日の立ち合いを依頼するという事などが効果的だと思われます。この様に対策をしておくと、当日が来てもベストな対応ができそうですね。

相続税税務調査への対応の仕方

土地や建物などの相続をした場合には、高額な税金が発生することがあります。そこで、相続税税務調査の対応の取り方について、税理士や公認会計士などの専門家のアドバイスを受けながら、じっくりと検討をすることが大切です。

近年では、相続税税務調査が行われる時期や調査員の特徴について、様々な媒体で取り上げられることがあるため、常日頃から役に立つ情報をキャッチすることが重要です。また、遺産分割協議などの機会を利用しながら、相続人の間で何度も話し合いをすることによって、税金の適切な処理の方法を理解することが大事です。

相続税税務調査に引っかからないような賢い生前贈与

相続税税務調査の標的とされやすいものの一つが生前贈与であると言われています。生前贈与とは亡くなる前に子供や配偶者などに資産を渡すことです。こうすることにより相続資産を減らし、結果的に相続税を減らすことができます。

しかし、贈与をすれば贈与税がかかります。その申告を怠り、贈与税を納めていないと相続財産とみなされ、相続税税務調査に引っかかる可能性があります。そうならないために、贈与を受けたら必ず申告をするようにしましょう。

また、贈与税では110万円が基礎控除となるので、一人に対する贈与が年間110万円までならば申告の必要はありません。税金をできる限り安く、資産を譲りたいという場合は、毎年110万円ずつ渡していくということをおすすめします。

時期を知りたい相続税税務調査

いつ相続税税務調査が来るのかという事を、事前にできるだけ知っておきたいと考える人は多いのではないでしょうか。相続税税務調査が来るのはいつという事ははっきりと明言する事はできません。相続税税務調査は申告の期限より数年以内に来る事が多いみたいですね。

数年と言ってもかなり幅がありますね。相続税税務調査はある日突然調査官が家に来るというのではなく、数日前に電話などで連絡が入るみたいです。相続税税務調査に関する連絡が来ても、数日前であればゆっくりと対策している時間はないと思います。

申告の依頼をした税理士に、ついでに立ち会いができるかどうかなどの確認をしておくといいかと思います。

遺留分の関連記事