信頼される税理士になるために仕事内容や税理士になるための方法を案合します。

税務に関する専門家な税理士はやりがいもあり、頼られる存在です!

遺産相続相談の一つ、遺留分とは

遺留分という単語を聞いたことがありますでしょうか?遺産相続相談をする人からも多く相談が寄せられる内容で、どういった内容かというと、「故人の配偶者や両親、子供が受け取ることができる最低限の遺産」のことです。

例えば遺書が全く他人に自分の遺産の全てをその人に譲ると記載していても、その内いくらかは正当に受け取る権利があるというものです。こちらは法律上定められているため、仮に全ての遺産を遺書に書かれた人が受け取っていたとしても後から請求をかけることができます。ですので赤の他人に本来貰えるはずだった遺産を全て取られてしまうということはありません。

遺産相続相談はいつするべきか

遺産相続相談は、遺族の立場になって初めてされる方が多いです。普段の生活で遺産相続について考える機会は少ないですが、家族で考えておくことは大切です。そして専門家に相談することは全くおかしいことではありません。

遺産相続は、亡くなった被相続人が所有してきた財産に対しておこなうので、被相続人が自由に分配、分与、相続を決められるように思います。しかしながら、財産を目当てにしている遺族がいた場合、自分に財産が回ってこないと分かれば大事です。そのため、配偶者、家を継ぐ子供、直系卑属で一定の条件を満たすものには遺留分が保障されています。相談は実績がある弁護士にするのが賢明です。

遺産相続相談の多い、遺留分請求をするメリット

遺産相続相談をしている人の中でも比較的相談数の多いい、遺留分請求ですが、行うことに一体どのようなメリットがあるのでしょうか?最大のメリットはもらえるはずの遺産をしかるべき正当な手段で受け取ることができるという所です。

遺留分の制度は法律で定められているため、相手に正当に請求をかけることができる手段です。遺産相続を処理する際に一番優先されるのは遺書なのですが、それに左右されず受け取ることができます。またこちらはもし遺産のことを知らなかった場合には10年以内であればいつでも請求の手続きをすることができるため、「こういう制度がある」と知っておくことはとても大切です。

遺留分減殺請求と財産処分との関係

遺留分減殺請求のコツをつかむために、高度な技術力を有する弁護士にサポートを依頼することが望ましいといえます。最近では、遺産相続の際の財産処分の方法についてこだわりのある人が増えてきており、いざという時に備えて、アフターサービスがきちんとしている法律事務所の現状を理解することが良いでしょう。

一般的に、遺留分の請求のタイミングを見計らうためには、ある程度の経験が必要となることがありますが、ニーズの高い法律事務所に在籍をしている弁護士や司法書士などからアドバイスを受けることによって、忙しい毎日を送っている人であっても、安心して契約内容を確認することができます。

大手の法律事務所においては、遺留分の減殺請求のポイントに関して、一人ひとりのクライアントに対する丁寧な説明が行われることがあるため、隙間時間を使いながら、同じような立場の人の成功体験談をチェックすることが肝心です。そして、遺産相続をめぐるトラブルのリスクを回避したい場合には、様々なテクニックを身に着けることが大切です。そこで、複数の法律事務所のパンフレットやチラシなどを参考にしながら、いち早く依頼先を見つけることが成功のポイントとなりつつあります。

知らないと怖い遺留分について

遺産相続において、遺留分という権利を知らないと怖いです。場合によっては大きな損害を被ることがあります。生前贈与や遺言がない場合には、基本的には法定相続分通りに相続がされますので、なにも問題はないでしょう。例えば、財産が1000万円あって、妻と子供1人がいるならば、妻が500万円、子供が500万円を相続することになるでしょう。遺産分割協議によって法定相続割合とは異なる配分にすることも可能です。

しかし、例えば遺言によって「子供にすべての財産である1000万円を譲り渡す」となっていたら、なにもしなければ妻は1円も財産を受け取れません。妻は父親の看病をしていて心身ともに疲れていましたが、子供は一人暮らしをしていて父親の看病などもなにもしていなかったとしたら、妻は納得がいかないでしょう。そのような時には、遺留分減殺請求をすることで妻は子供から本来の相続分の半分である250万円を取り戻すことができます。遺言によって権利が侵害されていた場合だけでなく、生前1年以内に贈与がされた場合にも、そのお金を遺留分の対象とできます。贈与をされた相手が夫の愛人など、赤の他人である場合にも、権利を主張できます。

このように、数百万円のお金を損してしまうことになるので、遺産相続においてこの権利のことを知らないと怖いです。

遺留分の保障について

故人における財産分与は、誰もが経験する可能性があるものと言えます。正しい知識を持っていないと、適正な遺産を受け取ることができない可能性も出てきてしまいます。遺言書などが作成されている場合には、原則的には故人の意思を尊重していかなければなりません。

しかしながら、遺言があまりにも不公平な内容だった場合には、定められている相続人においては、遺留分によって必要最低限の遺産を分与することが可能です。不安な点や疑問点を感じる際には、専門の機関や遺産相続を得意とする法律事務所に、問い合わせてみることが大切です。

遺留分の内容について

故人の財産を分与していくなかで、専門の弁護士や機関を通していないと、意外と見落としてしまう権利などがあります。弁護士費用はデメリットになる部分ではありますが、権利を見落としてしまうと、それ以上に勿体ないことになってしまいます。

そのなかでも見落とされがちなのが遺留分です。法律で定められている遺留分権利者であれば、遺産の権利が侵害されてしまっている場合に、遺言書をくつがえし権利を主張することが可能になります。わからない点や不安に思うことがあるようであれば、専門の機関に相談してみることをおすすめします。

大阪弁護士会

https://www.osakaben.or.jp/

〒530-0047 大阪府大阪市北区西天満1-12-5

遺留分の関連記事