信頼される税理士になるために仕事内容や税理士になるための方法を案合します。

税務に関する専門家な税理士はやりがいもあり、頼られる存在です!

税理士の報酬

税理士の報酬は行う顧問、相談役業務の月額顧問料と、中小企業、個人事業者の年間を通しての会計、税務手続き代行、月次決算、年末調整、決算書、申告書作成、税務相談とありそれぞれ行う業務に応じて、月額顧問料の2~6か月分を別途支払うことになります。 月額顧問料は、企業の年商額により決めることが多く、1~5万円の範囲になります。依頼業務による税理士の報酬は決裁書の作成が最も高く、月額顧問料の4~6か月分になります。記帳代行業務の場合は1ヶ月分が相場で所得税申告書作成は3~4ヶ月になります。料金は月額の顧問料が、総ての料金の基本となります。

顧問契約する税理士が引退する事も

長く会社経営を行っているという事は、とても素晴らしい事だと思います。なかなかできない事だと思います。

何十年も経営が続くと、かなり年配の税理士さんに顧問契約をしている会社の場合、途中で定年を迎えるなどして引退してしまう事もあります。その場合には、すぐに代わりとなる別の税理士さんを見つける必要があります。

別の知り合いなどがいる場合には、紹介してくれる事もあるかもしれませんが、自分でいい人を探してお願いする事もあります。

税理士が引退するのではなくて、会社側が途中で別の人に変えたいという場合には、他の人を探す事もあります。

より安い顧問料で契約できる人を探す人もいます。

税理士の関連記事