信頼される税理士になるために仕事内容や税理士になるための方法を案合します。

税務に関する専門家な税理士はやりがいもあり、頼られる存在です!

仕事内容を知る

税理士を目指しているが、実際の税理士の業務が解らないという方は、まず仕事内容を知り、自分が本当に今後税理士として業務を行っていけるのか?
または、この業務を仕事として行って行けるのかを知る必要があります。

税理士とは、依頼人の求めに応じ、て税務代理や税務相談、会計帳簿の記帳の代行その他財務に関する会計事務を行います。

行政への不服審査法の規定に基づく申告、申請、請求、不服申立てなども行いますので、やはり依頼主より信頼を勝ち取ることが必要だといえます。

開業の際には税理士に依頼

会社を開業する時には行政書士に書類作成を代行してもらう事もあるでしょう。
しかし、その業務を税理士にお願いする人もいます。

そのメリットについてですが、行政書士というのは税務についてお願いする事はできませんので、あくまでも書類作成の代行のみを依頼するという事になります。しかし、税理士の場合にはいい会社やいい人であれば、これからも長く会計や税務の依頼をする事もできます。

会社を立ち上げた時から、ずっと知っている人に相談する事ができるというのはかなり安心して仕事ができるのではないでしょうか。

もしくは、できるだけいろんな専門家と知り合いになっておいて、必要な時にはすぐに依頼したいと考える人は行政書士に依頼するのもいいでしょう。

税理士の関連記事