信頼される税理士になるために仕事内容や税理士になるための方法を案合します。

税務に関する専門家な税理士はやりがいもあり、頼られる存在です!

遺産分割協議と遺産分割調停のポイント

遺産分割協議を速やかに終えるためには、相続人の主張の内容をきちんとまとめておくことが重要なコツとして挙げられます。 最近では、遺産分割調停の件数が増加しているといわれており、裁判上の手続きをスムーズに行いたい場合には、プロの法律事務所に相談を持ち掛けることが良いでしょう。

ニーズの高い法律事務所の最新の取り組みに関しては、数々のメディアで紹介されるケースが増えてきており、まずは遺産分割協議のスケジュールをしっかりと検討することが大切です。 その他、遺産分割調停のポイントを正しく理解することが望ましいといえます。

遺産分割協議の際の本協議書の内容

遺産分割協議を行うにあたり、本協議書の記載事項の内容をじっくりと確認することが欠かせない課題として挙げられます。 近頃は、遺産分割協議に関連するトラブルの発生件数が全国的に急増しており、いざという時に備えて、実績のある法律の専門家にサポートを依頼することがおすすめです。

一般的に、本協議書の作成方法については、素人にとってすぐに理解をすることが難しいといわれています。 そこで、腕利きの弁護士や司法書士などに助言を受けることによって、忙しい日々を過ごしている人であっても、余裕を持って対応をすることが可能となります。

財産が金銭でない時などは、遺産分割協議が必要

財産のある人が亡くなると、相続人が複数いる場合、相続人同士でその財産を分けます。これを「遺産分割」と言います。配偶者が1/2のように、法律で遺産の相続分は定められています。しかし、財産が金銭なら1/2や1/4に分けるのが簡単ですが、例えば、不動産(自宅の土地と建物)と自動車のみが財産という状況では、簡単に法定相続分通りに分割することができません。

全てを売却して分けるのか、誰かが不動産の名義を変更して住み続けるのか、土地の一部のみを分けるのか、自動車は売却して金銭にして分けるのか、誰か1人が乗り続けるのか等、相続人全員で納得いくまで話し合って、遺産分割をすることになります。

この話し合いのことを、「遺産分割協議」と言います。遺産分割協議の内容は書面にして、相続人全員の署名と押印をしますが、印鑑証明などの添付書類も必要です。また、書き漏れや不備があると、不動産の名義変更ができなくなるおそれもありますので、ご自分で作成するのが不安な方は、行政書士や弁護士などの専門家に書類の作成を依頼しましょう。

遺産分割協議書の作成方法

親族が亡くなったら遺産をどうするのか決めなくてはなりません。どのようにするのかを決める遺産分割協議では遺産分割協議書と呼ばれるものを最終的に作成する必要性があります。遺産分割というものはどうしても揉めやすいものですから、必ず必要なことをきちんと明記してトラブルが起こらないようにしましょう。

遺産分割協議書はワープロでも手書きでも問題ありません。被相続人について、対象となる相続人、誰が何を相続するのかをきちんと明記しておきましょう。また、相続者全員の実印を押しておく必要があります。もちろん、人数分同じものを作成しておきましょう。

遺産分割協議の弁護士費用はどれくらい?

遺産分割協議の弁護士費用は、法律事務所によって異なっています。まずは相談をすることから始めると思われますが、相談料は1時間5千円~1万円程度になるでしょう。法律事務所によっては、最初の30分~1時間は無料で相談にのってくれるところもあります。相談をする時に、料金についても説明を受けておき、メリットがあることを確認してから正式な依頼をするようにしましょう。

遺産分割協議の弁護士費用は、着手金、基本報酬、回収報酬、その他実費などがかかります。着手金、基本報酬、回収報酬はそれぞれ別々にかかってくることに注意が必要です。その料金は、経済的利益の額が300万円以下ならば8%、300万円超3000万円以下の場合には「5%+9万円」というように、経済的利益の額に応じて変わってくることが多いです。

経済的利益の額が300万円ならば、着手金が8%の24万円、報酬金が16%の48万円、その他実費というようになっています。 法律事務所によって料金設定はさまざまであり、着手金と報酬金の2つだけがかかるところから、着手金、基本報酬、回収報酬というように3つの料金がかかるところなど、さまざまです。しかし、料金の名前はあまり気にせず、総合的にかかってくるコストで比較をすることが重要になるでしょう。

遺産分割協議の取り消しなどについて

遺産分割協議が終了した後には、その内容について解除や取り消しなどをする事は、基本的には認められていません。 しかしながら、脅迫や詐欺などにより遺産分与協議が行われた場合には、 特例として取り消しができます。

具体的な内容としては、被相続人の遺産内容を虚偽で伝えたり、脅迫された上で遺産の取り分を了承したなどの不正があった場合です。又、遺言書があったことを知らず、遺産分割協議をおこなってしまった場合などのケースもあります。さまざまな事情がありますので、しっかりと理解した上で、協議にのぞむことが重要になります。

遺産分割協議の関連記事