信頼される税理士になるために仕事内容や税理士になるための方法を案合します。

税務に関する専門家な税理士はやりがいもあり、頼られる存在です!

遺留分が発生留守理由について

遺留分が発生する理由については、一般の消費者にとって速やかに理解をすることが難しいケースがあるため、無理のない範囲内でプロの法律家に相談を依頼することがおすすめです。近頃は、遺留分を獲得するために、早いうちに第三者に仲介を依頼しようとする人が増えてきており、いざという時に備えて、コストの見積もりをお願いすることがとても効果的です。

また、遺留分の内容について迷っていることがある場合には、まずは同じような状況にある人々の口コミを参考にすることで、常に便利な情報をキャッチすることができるといわれています。

遺留分の総体的遺留分について

遺留分は、相続人が一定の割合の遺産相続を保証した権利です。遺産相続の遺留分がどの程度の割合で認めらるかは、民法によって定められています。これを総体的遺留分といいます。

総体的遺留分は、直径尊属だけが相続人の場合は、基礎財産の3分の1になります。それ以外の場合は、基礎財産の2分の1になります。ただし、兄弟姉妹は除きます。直径尊属とは、被相続人を中心として父祖の世代の事を言います。

これをさらに、法定相続分に従って分配をして、各相続人の遺留分を計算します。例えば、Aさんがなくなり、相続人が奥さんと子供1人の場合は、法定相続分は2分の1になり、それぞれの分は、4分の1づつになります。

遺留分の算定基準を知ろう

遺留分の算定基準は、素人にとってすぐに理解をすることが難しいケースがあるため、なるべく早いうちにプロの弁護士にアドバイスを求めることが効果的です。また、遺留分の計算をスムーズに行う上で、同年代の人々のレビューを参考にすることによって、いざという時に備えて、安心して行動をすることが可能となります。

人気のある法律事務所においては、遺留分に関する相談対応の仕組みがしっかりと整っていることがメリットとして挙げられます。そこで、もしも依頼先の選び方について迷っているときには、積極的に口コミを参考にすることがコツです。

遺族に対する遺留分とは

遺留分とは、残された遺族に相続する最低限度の財産のことを言います。これは、遺族が相続する際、損しないような措置であり、全員がプラスになるように設定されています。相続時の問題が発生しないようになっており、遺留分は法律によって定められているので、勝手に自分たちが決めるものではありません。

仮に遺言によって相続が決められている場合、それも残された家族が相続できない場合を考慮したものでもあります。そのため、遺言があったとしても、最低限の相続という形で遺留分が確保され、法律によって残された家族へ相続されます。

遺留分の計算例について

遺留分とは、故人のかたの遺産を相続する割合のことを指し、総体的割合と個別的割合があります。総体的割合は2分の1から3分の1が基本とされていますが、個別的割合は故人のかたとの関係性によって変化してきます。

例えば、妻と二人の子供がいる故人のかたの遺留分の計算をした場合、それぞれの個別的割合は、妻が2分の1、二人の子供がそれぞれ4分の1ずつとなります。これに相対的割合である2分の1を掛けることになるので、実際の遺産の取り分としては、妻が4分の1、二人の子供がそれぞれ8分の1ずつとなります。これは簡単な例ですが、実際はもっと複雑になることが多く、専門の弁護士に依頼する必要が出てきます。

遺留分の計算方法とは

各相続人については、故人の基礎財産において、個別的遺留分を乗じ算出されています。基礎財産については、被相続人が相続開始した時にあった財産の価額に、贈与した財産分の価額を足して、 その中の債務のすべての額を控除し、算出していきます。

個別的な遺留分は、総体的に法定の相続分を乗じたうえで算出していきます。こうして計算してもらった各相続人の金額や、各相続人が実際に手にした財産の総金額を比較して、後者の方が大きい際には、その差額の金額分だけ侵害が生じている事となります。少しややこしい部分もありますので、不安に感じるようならば一度専門家を訪ねてみることをお勧めします。

遺留分の関連記事