信頼される税理士になるために仕事内容や税理士になるための方法を案合します。

税務に関する専門家な税理士はやりがいもあり、頼られる存在です!

税理士との付き合い

税に関してはたった一度だけ手続きを済ませればいいのではなくて、定期的にずっと手続きを行っていく必要があります。

ですので、税理士とは一度きりの付き合いではなく、顧問として定期的にずっと同じ会社の税務を行っている事が多い様です。長い場合には何年もの間ずっと同じ人に依頼する事もあります。

しかし、一度お願いした人にずっとお願いしないといけないという決まりはなく、会社の意向によっては、これまでお世話になった人とは違う税理士に変更する事もあります。

でも、長い間お世話になってきた人に断り辛いという事もあり、気軽に変更するという事は難しい場合もあります。結局として同じ人にずっとお世話になり続けている会社も多い様です。

納税するということ

納税するということは国民の義務として定められているものですので、自己破産をして免責の許可が決定された場合であっても、各種税金を納める義務はそのまま残ります。

住民税や固定資産税などの税金を長年支払っていませんと、滞納額も相当高額になっている場合があります。債務整理や自己破産をしたとしてもそういった滞納額についてもきちんと支払っていく必要があるのです。

税金を一括で支払うのが難しいという場合には、役所の窓口でその旨を相談して分割払いにしてもらうことが可能かどうかということなどを頼んでみることが必要になってくるでしょう。

税金についてわからないことがあれば税理士に相談してみることをおすすめします。

税理士の関連記事