信頼される税理士になるために仕事内容や税理士になるための方法を案合します。

税務に関する専門家な税理士はやりがいもあり、頼られる存在です!

遺留分のメリットは法定相続人にしかない?

遺留分のメリットは、本来の法定相続人が大きく期待を裏切られないというところにあります。例えば、妻と子供2人がいて、1000万円の財産があるとき、本来ならば妻は500万円、子供2人はそれぞれ250万円ずつを相続します。

しかし、別に遺言があって、赤の他人に全財産が贈与されてしまっても、遺留分の権利として妻は250万円、子供2人はそれぞれ125万円ずつを主張して、取り戻すことができます。

このように、遺留分のメリットは、本来相続をするはずだった人、すなわち法定相続人にしかありません。さらに、兄弟姉妹にはこの権利がありません。

遺留分のトラブルは相続に詳しい弁護士へ相談

相続問題はややこしいことになりがちです。親族間の関係がこじれて、トラブルが長引きがちになります。そのため、弁護士に相談したほうが良いです。例えば、遺留分を侵害する遺言が残された場合には、遺留分減殺請求をしなくてはなりませんが、それをどうするのかについて、適切なアドバイスをもらうことができます。

相続問題は、一度解決が伸びてしまうと、いつまでも硬直した状態が続いて、共有財産は分割されなくなってしまいます。そこで、早めの対処が必要です。弁護士の中でも、相続に詳しい人に依頼したほうが、ノウハウがあるので解決が期待できます。

遺留分と預貯金の金額について

遺留分を請求するためには、ある程度のコツが必要となりますが、早いうちから法律家のアドバイスを参考にしながら、じっくりと対策を立てることがおすすめです。

とりわけ、預貯金の処分の仕方について迷っていることがある場合には、経験豊富なスタッフからアドバイスを受けることによって、たとえ素人であっても正しい判断をすることが可能となります。

また、遺留分の請求をするメリットを理解したい時には、同世代の人々のレビューを参考にすることにより、まずは魅力ある依頼先のサービスの良しあしを比較することが望ましいといえます。

遺留分の順次の対応について

遺留分の手続きを順次進めてゆくうえで、プロの弁護士にサポートをお願いすることにより、短期間のうちに安心して対処をすることが可能となります。近頃は、遺留分の重要性に関して、様々なメディアで紹介される機会が増えていますが、それぞれの経済的な事情に応じて、しっかりと権利の主張をすることが欠かせないテーマとして挙げられます。

また、遺留分の計算の仕方についてわからないことがある場合には、それぞれの専門的な法律事務所の対応の良しあしを見極めることによって、いざという時にも冷静に判断をすることができるようになります。

個別遺留分遺留分とは

遺留分には二種類存在し、総体的なものと個別的なものに分けられます。総体的なものは故人のかたの遺産が民法によって、どの程度親族に分配されるのかという、全体的な割合のことを指します。これは基本的には相続人が直系尊属の場合は3分の1であり、それ以外の場合は2分の1となります。

そして個別遺留分とは、その総体としての割合から、さらに個人の割合を算出したものです。例えば、総体としての割合が2分の1として、個人の割合がさらにその2分の1となった場合、その個人のかたの割合は2分の1掛ける2分の1で、総体の4分の1となるのです。

知っていれば円満に遺産相続できる遺留分の存在

家族が亡くなると悲しんでばかりもいられず、様々な手続きを進めるだけで時はあっという間に過ぎていきます。遺産相続の方法を書いた本がベストセラーになるほど、遺産相続は私達の日常生活からかけ離れています。

しかしながら、遺産のあるなしに関わらず遺産相続手続きをしなければならない人は少なくないでしょう。このような場合でも知っておいて損はないのが、遺留分の存在です。これは、配偶者、家を継ぐ子、直系卑属に限り一定の条件を満たせば保障されます。遺言書で他人に遺産相続させるとあっても保障されるので、遺産をあてにしていた場合も救われることがあるのです。

遺留分に対する知識と解説

遺産相続の問題において、残された家族に対しての最低保証は遺留分と呼ばれています。遺言書の内容が極端に偏っていた場合など、相続人に対しての権利を守る目的があり、配偶者や子ども、両親などに適用されています。

自動的に権利が発生するものではなく、裁判所を介しての手続きが必要となり、期限や分配率なども細かく定められています。また、資産を所有していた本人の兄弟や姉妹には権利が無く、別途で手続きが必要となるなど事情が異なります。法律や制度を正しく把握することで、相続に関するトラブルの発生も抑えられるでしょう。

大阪弁護士会

https://www.osakaben.or.jp/

〒530-0047 大阪府大阪市北区西天満1-12-5

遺留分の関連記事